産後の大人ニキビの治し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビといえば、「10代後半にできるもの」というイメージがあります。ですから20代以降にできたニキビは、吹き出物とか言われたりします。しかし、吹き出物もニキビもおなじようなもので年齢が変わっても、ニキビはにきび。ただし、症状や治り方には年齢みよって差があります。

思春期にできるニキビ

思春期にできるニキビは、ホルモンバランスの変化や、過剰な皮脂の分泌によって起こるものです。年齢とともに、おちついてニキビができなくなってくることが多いのです。

大人になってできるニキビ

間違ったスキンケアや化粧による肌ストレス、肌の新陳代謝の低下、妊娠による肌荒れ、ダイエットによる肌荒れなどによってできてしまう事が多いともいえます。この「大人ニキビ」は治りづらく、放っておいてしまうとさらに悪化し治りづらいです。そしてこの大人ニキビは「ニキビ痕(ニキビ跡とも言います)」になりやすいという特徴があります。思春期ニキビにも大人ニキビにも言える事ですが、ニキビができた根本的な部分を解決しなければ、なおることはありません。
年齢とともに、肌再生の活力がていかしていく大人ニキビは、肌本来のキレイになる働きが失われないように身体の中のケアがとても大切です。心と身体のケアを同時におこなっていけば、必ず奇麗になおすことができます。
大人ニキビは顔の下部分にできやすく、フェイスラインに現れやすくなります。思春期のときは、皮脂腺の多いTゾーンやおでこの部分にできやすいですが、大人ニキビ野場合、ストレスなどからくる胃腸の働きの低下や腸の消化不良、血液循環の不良など、身体の内側から症状がでることが多いです。20代からの大人ニキビは、精神的ストレスや冷えなどの下人から上のような内情の働きが弱ってくると考えられます。
新陳代謝も年齢とともに低下してきますので、デトックスで身体を溜め込まないように、日々のスキンケアはもちろんのこと、体内のケアもわすれずに行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*