日々進歩する体外受精

世界で初めて体外受精(シャーレ内で受精を行い、受精卵を子宮内に戻す方法)が行われたのは、いまから50年以上も前、1978年のことでした。英国で誕生したその子の名は、ルィーズ・ブラウンちゃん。生殖補助医療の分野において、世紀の大革命でした。ブラウンさんもいまではお母さんです。2006年吃月に自然妊娠にて男児を出産しています。

現在、日本国内だけでも、体外受精によって誕生した赤ちゃんは10万人を軽く超えています。おそらく、日本で生まれている赤ちゃんのうち、55人に1人は体外受精にて授かった命と推測できるでしょう。
生殖補助医療は、まさに日進月歩の勢いで発展しています。技術革新が、わが子の誕生を望むカップルのお役に立ち、たくさんのかけがえのない命が芽生えている事実は、医療 者の1人として非常にうれしいことです。

とはいえ、その背景には、赤ちゃんをなかなか授かれずに心を痛めている女性たちが 年々ふえているという現状があります。医療の力を借りて妊娠することに踏み込めず、人知れず悩んでいる人も少なくないでしょう。
二人目の子供が出来ないと悩んでいる二人目不妊もそんな感じです。

女性が卵巣から卵子を生み出せる期間は、限られています。つらい現実となりますが、卵巣機能には個人差が大きいものの、平均して似歳を過ぎると、妊娠率が下がるといわれています。
現在、WHO(世界保健機関)は「避妊をしていないのに2年以上にわたって妊娠にいたれない状態」を「不妊」と定義しています。日本では、10組に1組のカップルがこの定義に当てはまります 現代の日本において、妊娠に向けて医療の力を借りることも、妊娠を望んでいるのになかなか新しい命に恵まれないのも、どちらも特別なことではありません。妊娠にいたれな い理由は何か、まずは信頼できる医師を探して検査を受けてみるなど、勇気を持って1歩を踏み出すことがが、、妊娠には何よりも大事です。

妊娠へ向けて気をつけてほしい3つのこと

妊娠に向けて、日常生活の中で気をつけてほしいことが三つあります。

一つめは、座り方です。横座りは骨盤内の老化を招きます。イスに座っているときに足を組むのもNGです。いつまでも若々しく骨盤を保つには、骨盤を常にまつすぐにしておきましょう。それには、へその位置をまっすぐ正面に向けておくことです。正座もおすすめできません。足がむくみやすくなります。人の目があるときには、女性らしさを第一とし、正座や横座りをしてもOK。家にいるときには、骨盤を第一とし、骨盤にやさしい生活を心がけましょう。

体重や体脂肪の数値にあまりとらわれないようにすることです。妊娠出来ない原因の肥満は不妊の一因になりますが、それは誰の目にも「太りすぎよれ」とわかるほどの体形になったときの話です。少し太めという程度の体形ならば、さほど気にする必要はないでしょう。ところが、「肥満は不妊の原因になる」と聞くと、徹底的なダイエットを敢行する女性が少なくありません。

やせすぎも妊娠をはばむ要因になるとは、みなさん考えないようです。実際には、体脂 肪率が17%を切るとホルモンのバランスがくずれ、12%を切ると生理がなくなります。ですから、体脂肪率がIV%を切った時点で、妊娠しにくくなる傾向が現れます。エストロゲンという女性ホルモンは脂肪の中でもつくられるのです。

ストレッチのときにも、体が細すぎると、すぐにオーバーワークになってしまいます。 妊娠に悩む女性たちは、とてもまじめで、がんばり屋さんばかりです。妊娠のためにストイックにダイエットし、ストレッチにも一生懸命に取り組みます。しかし、無理なダイエットは脂肪もへらしますが、筋肉もへらします。体は筋肉を使って動かすものなのに、 筋肉の少ない体でストレッチをすれば、体に痛い部分がすぐ出てきます。

私も、ときにはケーキやアイスクリームを食べます。スイーッは女性の楽しみです。そ れを「絶対にダメ」と自ら制限すると、自分をどんどん追いつめることになりかねません。太りぎみの人も、やせぎみの人も、妊娠するときはするものです。妊娠のために食事に制限をかけるよりも、食事はおいしく楽しくごきげんにとることこそが、心にも体にも最高の栄養になると思いましょう。

三つめは、、周周雨囲の不用意な言葉を気にして、あなたの大切な心を傷つけないでほしい、ということです。とくに多いのが、「赤ちゃんはまだ?」のひとことでしょう。たずねている本人は、あたかも天気の話をするように、「まだ?」とききますが、赤ちゃんを欲しいと願う女性にとっては、あまりにも重くつらい言葉に響きます。

また、周囲の女性たちが、わが子の話をしたり、写真を見せたりすることも、あなたにとっては苦痛以外の何ものでもないで 、そうした言葉を、右から左へ聞き流すのは、簡単なことではないと思います。それでも あえて、「他人の言葉を気にしないで。振り回されないで」と私はいいます。不用意な言 葉を発する人は、深い思慮のない人です。

そんな意味のない言葉に、あなたの心が傷つけられてよいはずがありません。

妊娠の問題は、女性の心を繊細にします。だからこそ、他人に振り回されないよう自分の意志をしっかり持ちましょう。大事なのは周囲の目ではなく、あなたがたカップルと未 来の 赤ちゃんの幸せなのです。

子供ができない!それは妊娠は奇跡であるから

妊娠は、着床にいたる一つひとつの過程がまさに奇跡の出来事です。体の状態が整っていたとしても、妊娠の確率は50%といわれます。つまり、一つでも状況が整っていないものがあれば、結果に結びつくことのむずかしい神秘の事象ともいえるでしょう。

したがって、奇跡をつかむためには、妊娠に向けて自ら能動的に動くことが重要です。
私たちは、日常生活の中で、体を50%ほどしか動かしていません。そこで、ストレッチでは、常に別%の力を出していただきます。50%の力を継続して出すこと によって、卵%の力の使い方を体が覚えていきます。すると、いざというときに、70の力を発揮できるようになります。この、70の力が出るようになったときが、妊娠のチャンスです。

ところが、いつも30%の力しか使っていないと、いざというときに、70%の力を出せませ ん。チャンスをつかめず、見過ごしてしまうことになるのです。
チャンスとは、誰の目にも見えるような大きな船に乗って来るのではありません。小さな小さな小舟に乗って来ます。その小舟に乗り損ねないためには、自ら泳いで近づき、飛ぴ乗るほかありません。チャンスをつかむために自ら動き出すことが、奇跡を現実のものにできるか否かの別れ道になるのでしょう。

それにもかかわらず、子供ができない妊娠のためのストレッチというと、二の足を踏む人もめずらしくありませんん。「こんなに固い体で、ストレッチなんてできない」と最初から尻込みしてし まうのです。
安心してください。体は固くてよいのです。ストレッチの目的は、骨盤 内の血流をよくすることだからです。体を柔軟にすることではありません。

レッスンに来る女性たちも、最初はみな固い体をしています。その固い体を継続して動 かしていると、やがて筋肉に柔軟性が出てきます。関節のまわりや骨盤周辺の筋肉がゆる むとともに、筋肉を上手に使って体を動かせるようになってきます。

たとえば、なかなかまつすぐに上がらなかった足が、天に向かってスッときれいに伸び る日が来ます。これはチャンスです。手足から冷えが消え、ポヵポヵと温かくなる日も来 るでしょう。肩こりが消える日も必ず来ます。これもチャンスです。体の改善を感じたと きこそが、あなたにとってのチャンスなのです。

体の状態が変わってくるまでに、短くても半年はかかります。レッスンでも半年を過ぎ たころから、1人また1人と妊娠して卒業していかれます。
チャンスを体で感じたら、奇跡をつかむために、さらに積極的に動きましょう。毎日、15分間行っていたストレッチの時間を賜分に延ばすだけで、妊娠力はもっと高まります。 鋤秒間静止するポーズを、妬秒に延ばすだけでもよいのです。

近い将来にやって来るチャンスを、いつでも自らつかみに行けるよう、自分を信じて、 一日一日 準備を重ねていきましょ

左卵管閉塞、排卵障害/体外受糟に挑戦中

昨年春、アンタゴニスト法の注射で卵巣刺激をし、体外受精に挑戦しました。採卵数は村個で伯個が受精、
正常受精を8個培養して旺盤胞4個(G1×1個、G3×3個)、前核期歴2個を凍結しました。内膜が薄いので、ホルモン周期で4月にG1の1個を移植、7月にG3を1個、相月に前核期旺を培養し、G2を1個と桑実歴融合まで育ったものを1個
の計2個を移植しましたが、よい結果が出ません。先生は、「G1の移植ではよい結果が出ると思っていたのに……」と期待していたようです。残りのG3の旺盤胞は戻さず、ショート法での卵巣刺激による採卵を考えています。凍結融解させた旺盤
胞の移植でもだめだった場合、妊娠することはむずかしいでしょうか?

月経周期が順調なら大丈夫

新鮮庇移植でも凍結庇融解移植でも、庇盤胞移植が最も妊娠率は高く、あなたの年齢でしたら形のよい旺撚胞移植で、50%以上の妊娠が期待できると考えます。
しかし、どの段階の庇でも半数近くは染色体異常があるといわれており、それは見た目にはわからず、染色体異常雁の多くは着床しません。
凍結庇・融解雁移植は、ホルモン補充周期の前周期にピルを3週間程です

産後の大人ニキビの治し方

ニキビといえば、「10代後半にできるもの」というイメージがあります。ですから20代以降にできたニキビは、吹き出物とか言われたりします。しかし、吹き出物もニキビもおなじようなもので年齢が変わっても、ニキビはにきび。ただし、症状や治り方には年齢みよって差があります。

思春期にできるニキビ

思春期にできるニキビは、ホルモンバランスの変化や、過剰な皮脂の分泌によって起こるものです。年齢とともに、おちついてニキビができなくなってくることが多いのです。

大人になってできるニキビ

間違ったスキンケアや化粧による肌ストレス、肌の新陳代謝の低下、妊娠による肌荒れ、ダイエットによる肌荒れなどによってできてしまう事が多いともいえます。この「大人ニキビ」は治りづらく、放っておいてしまうとさらに悪化し治りづらいです。そしてこの大人ニキビは「ニキビ痕(ニキビ跡とも言います)」になりやすいという特徴があります。思春期ニキビにも大人ニキビにも言える事ですが、ニキビができた根本的な部分を解決しなければ、なおることはありません。
年齢とともに、肌再生の活力がていかしていく大人ニキビは、肌本来のキレイになる働きが失われないように身体の中のケアがとても大切です。心と身体のケアを同時におこなっていけば、必ず奇麗になおすことができます。
大人ニキビは顔の下部分にできやすく、フェイスラインに現れやすくなります。思春期のときは、皮脂腺の多いTゾーンやおでこの部分にできやすいですが、大人ニキビ野場合、ストレスなどからくる胃腸の働きの低下や腸の消化不良、血液循環の不良など、身体の内側から症状がでることが多いです。20代からの大人ニキビは、精神的ストレスや冷えなどの下人から上のような内情の働きが弱ってくると考えられます。
新陳代謝も年齢とともに低下してきますので、デトックスで身体を溜め込まないように、日々のスキンケアはもちろんのこと、体内のケアもわすれずに行いましょう。